押し目買い・戻り売りの奥義

フィボナッチリトレースメントやネックライン、半値をつかった「押し目買い・戻り売り」はつかえないことが検証で判明しました。

 

しかし、あきらめの悪い私は、より現実に即した検証方法で「押し目買い・戻り売り」の優位性を見つけるための努力をつづけてきました。

 

その現実に即した検証方法とは「過去X日間の高値・安値」を起点として「Y日間のATR(値幅)での押し・戻し」で仕掛ける手法です。

 

簡単にいうと

 

「一定価格をブレイクした1日後に価格が1%下落したら、押し目買いをするとどうなるのだろう?」

 

「一定価格をブレイクした2日後に価格が2%下落したら、押し目買いをするとどうなるのだろう?」

 

といったシンプルな着想です。

 

この検証で実際のトレードに耐えうるいくつかの「有効ライン」が判明しました。

 

裁量用ですが、計算機も不要なレベルなので、よろしければご購入ください。

 


押し目買い・戻り売りの奥義検証結果

※ドル円・ユーロ円・ユーロドル2007/7/13-2017/3/13

※縦軸は累積PIPS

 

合計収益5544PIPS/合計回数227回で平均収益は24.4PIPSと大きく収益が狙えます。

 

最近は横ばいですが、この平均収益は検証した手法では「最高値」となっております。

 


ご購入

押し目買い・戻り売りの「奥義」※裁量トレード用

【検証対象※過去20年】

ドル円・ユーロ円・ポンド円・オージー円・ユーロドル・ドルスイス・ポンドドル

押し目買い・戻り売りの「具体的な有効ライン」を示した資料一式。

過去20年間の勝率や収益率、仕掛けと手仕舞い方法についてもお知らせします。

¥9,800

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

ご入金確認後にメールにてファイルを納品いたします。個人情報は厳重に管理し、第三者への提供、追加の商品案内等は一切行いません。