ナローレンジの奥義

 

システムは「健全な前提」から構築しなければ意味がありません。

 

価格変動の「原則」にのっとったシステムであれば、長期間その優位性が維持される可能性が高いからです。

 

では、価格変動のもっとも基本的なものとはなんでしょうか?

 

私はそれを「レンジ(値幅)の縮小と拡大」だと考えます。

 

レンジの縮小(値幅が縮小)が続けば、いずれレンジは拡大します。

 

反対に、レンジが拡大し続ければ、いずれレンジは縮小します。

 

もし、この原則が長期間に渡って崩れるのであれば、相場などなくなってしまいます。

 

そこで目をつけたのが「ナローレンジ(狭い値幅)」です。

 

ナローレンジの反対が「ワイドレンジ(広い値幅)」です。

 

ワイドレンジデイ(広い値幅の日)の翌日は、値幅が縮小する傾向があります。

 

値幅の縮小から利益を手に入れることはほとんど不可能です。

 

逆に「ナローレンジ」の翌日に「ワイドレンジ」が来る可能性が高いのであれば、それは収益チャンスになりえます。

 

問題は、

 

「どれくらいの値幅縮小が発生したときに、どれくらいの放れで仕掛けるのか?」

 

ということです。

 

その問題について、様々な角度から検証を行いました。

 

そして、もっとも堅牢かつ収益性の高い手法を構築しましたので、よろしければご購入ください。

 


ご購入

ナローレンジの奥義※裁量トレード用

【検証対象※過去20年】

ドル円・ユーロ円・ポンド円・オージー円・ユーロドル・ドルスイス・ポンドドル

過去X日で最小の値幅でセットアップ。

過去Y日の高値・安値で仕掛けるシステム。

X日とY日の指定、過去20年間の勝率、収益率もお知らせします。

¥9,800

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

ご入金確認後にメールにてファイルを納品いたします。個人情報は厳重に管理し、第三者への提供、追加の商品案内等は一切行いません。